請西の住宅

住宅
所在地 :千葉県木更津市
工事種別:新築
主要用途:一戸建ての住宅
竣工年月:2020年11月
敷地面積:353.40㎡
建築面積:124.21㎡
延べ面積:114.69㎡
規模構造:木造平屋
施  工:有限会社小山工務店
写  真:新澤一平

 

斜面に張り出したデッキテラスのある住宅。

計画地はおよそ30年ほど前に造成された住宅地の一角にあり、北側に眺望が得られる斜面を抱えた立地である。敷地面積の約半分を斜面や擁壁が占めており、建主の要望を満たすと平坦な部分いっぱいにボリュームを配置することになった。必然的に庭を確保することができないため、斜面に対してデッキテラスを張り出し、庭の機能を置き換える計画とした。

建物のボリュームは、平屋で斜面のある北側から南側に向かって屋根勾配が高くなるような形状とし、斜面と一体となるようなイメージを持たせた。斜面からの吹上げに配慮し、軒が張り出した部分の垂木は梁せいを大きくし、屋根を構成する二次部材の強化を図っている。デッキテラスは万が一の斜面の崩壊を考慮し、建物本体とは構造的に縁が切れている。テラスの軸組は鉄骨部材で構成することで安全で、かつ、腐食等の心配がいらないため、メンテンナンス上でも有効なものとなっている。

プランとしては、リビングダイニングを中心に各個室は家族同士の距離を一定に保てるよう配慮した平面計画としている。南側の玄関を入るとリビングダイニングを抜けて北側のデッキテラスまで一直線で結ばれており、デッキテラスへは段差無く出ることができ、床がフラットにつながっている。軒天とリビングダイニングの天井を杉板で統一しており、間口2間の大きな開口部は全開口することができ、外部と内部が連続し一体的に感じられるような空間となっている。アウトドアを好む建主は、気候の良い季節にはそこでバーベキューをしたり、ハンモックで昼寝をしたり、人を招いて談笑をしたり、外を感じながら楽しむことができるスペースとなっている。

敷地に対して斜面や擁壁が占める割合が大きく、一見余裕のない土地に見えるが、その土地の状況と丁寧に向き合うことで豊かな環境を獲得できると感じた。建主が惚れ込んだこの土地からの眺望を日々楽しみながら生活できるのは、建主自身がこの土地と向き合ったおかげなのかもしれない。